ハーレーのオイル交換のタイミングは走行距離や次に交換するまでの期間で判断

メンテナンス

重厚な走りが魅力のハーレーも走行性能を維持するには定期的なオイル交換が不可欠です。汚れたオイルのままで走り続けると車体全体の性能に悪影響をもたらし、故障などの大きなトラブルに発展する可能性もあります。

ハーレーにはエンジン、ミッション、プライマリーと部品ごとに専用のオイルが使われていますが、オイル交換についてすべてのオイルを同じタイミングで行います。これはオイルの劣化は同じタイミングで起こるためであり、ハーレーの性能を良好に保つためにはすべてのオイルを同じ状態にする必要があるためです。新車であれば走行距離が約500キロから800キロで最初のオイル交換を行い、以降は約1500キロごとに行うのが最善です。また、一切走らせなくてもオイルは自然に劣化するので、約半年を一区切りの期間と見て交換する必要があります。

ハーレーのオイル交換は必要な道具があれば自分で行うことができます。

オイルタンクのキャップの着脱を正しく行い、古いオイルを正しい方法で処分できるのであれば、業者に任せるよりも少ない出費で愛車の性能を良好に保つことが可能です。しかし、オイル交換を行う際はわずかでも異物が入らないように細心の注意を払わなければいけません。エンジンやミッションギアの内部に異物が入り込むと走行性能が大きく低下し、重大な事故を引き起こす可能性があります。

車体に付着していた少量の埃が入り込んでも故障の原因になるので、不慣れな人はオイル交換を業者に任せるのが賢明です。

ハーレーの安全な運転にはハイオクガソリンが必須な理由

ミラーカスタム

ハーレーは重厚かつ力強い走りが魅力のアメリカンバイクですが、その高い走行性能を活かすにはハイオクガソリンを燃料として用いるのが必須条件になります。

ハイオクガソリンとは燃焼効率が良く、清浄剤などの添加物が多く含まれているのが特徴です。通常のレギュラーガソリンよりも品質が良いガソリンというのがハイオクガソリンに対する一般的な認識ですが、ハーレーの場合はハイオクガソリンを使わないと車両の性能が著しく落ちてしまいます。これはハーレーがハイオクガソリンと燃料として使うことを前提とした設計になっているためです。清浄剤などの添加物が少ないレギュラーガソリンで走らせると、エンジン内部に煤などの汚れが溜まってしまい、車両の性能を著しく損なうので注意が必要です。

レギュラーガソリンはノッキングと呼ばれる、気化したガソリンが圧縮される途中で爆発してしまう異常燃焼が起きやすい傾向があります。ノッキングはエンジンを酷く劣化させるトラブルですが、このノッキングがハーレーのエンジンで発生すると重大な事故に繋がるおそれがあります。また、ノッキングが起きなくてもレギュラーガソリンは燃焼効率が悪く、煤などの汚れが大量に発生するので結局はハーレーの走行性能が大きく低下する事態は避けられません。

ハーレーにハイオクガソリンを使うのは単に快適な運転を楽しむだけではなく、ノッキングなどのトラブルを未然に防ぐ意味も含まれているのです。

ハーレーをかっこよく