タイヤがパンクした際の対処法や交換時期に合わせたデザインの選び方

ハーレーは車体が大きく重たいので、タイヤにかかる負担も他のバイクより大きくなります。
タイヤのゴムは日光や空気中の湿気の影響で次第に劣化するのも注意点の一つです。一度も運転をしていない場合でも、経年劣化によってタイヤの耐久性が低下しているので交換する必要があります。

タイヤの寿命は約三年、走行距離やハーレーが置かれている環境によってはもっと早く劣化するのでこまめな点検が不可欠です。劣化したタイヤはパンクしやすくなり、走行中に重大な事故を引き起こす危険があります。タイヤの溝に作られているスリップサインが露出するようになったタイヤはパンクする寸前まですり減っているので、早急な交換が必要です。
タイヤに不具合が生じてパンクした場合、一時的な応急処置として市販の修理キットを使う方法がありますが、扱いに慣れが必要なので初心者には不向きです。

タイヤの寿命

ハーレーのタイヤがパンクした際は専門の修理業者にタイヤの交換を依頼するのが賢明な対処法になります。タイヤはハーレーの走行性能や安全性に直結する重要な部品なので、プロの業者に任せるのが無難です。

その一方でタイヤを新しい物に交換する機会でもあることから、カスタマイズ用の個性的なデザインのタイヤを選ぶことでハーレーの足元をおしゃれに飾ることができます。純正タイヤのシンプルで機能的なデザインも好まれていますが、カスタマイズ用のタイヤは溝の形状からタイヤ本体の太さまで多彩な製品が出回っています。

ハーレーはタイヤのデザインが変わると車体全体の印象も大きく変わるので、カスタマイズで個性を演出するならタイヤへのこだわりは避けられません。
タイヤの大きさによってはホイールも適切なサイズの物に交換する必要があるので費用が嵩みますが、納得のいく仕上がりにすることができます。