ハーレーにぴったりのバイカーファッションは服と革がポイント

ライダー

デザイン性が高く、見た目にも美しさと迫力をハーレーは備えています。ハーレーに乗るなら、ハーレーに似合うようなバイカーファッション一色にしましょう。ただし、ハーレーはバイクなので、乗りたい季節によってファッションも異なります。特に、ハーレーは熱を発することがあるので、足元などから熱が溜まってしまうことがあります。さらに、バイクに乗る場合には、運転に邪魔にならない、ケガをしにくいといった、安全性を考慮する必要もあります。
運転に必要なポイントを必ず押さえたファッションを意識してください。

ハーレーのバイカーファッションで最初に決めなくてはならないのは、足元です。必ず、ワーキングブーツを選びましょう。ブレーキを踏むときに必要なだけでなく、足元をバイクから守ってくれます。本革のワーキングブーツを購入して、徐々に足元に馴染ませるのがポイントです。ワーキングブーツにはお金をかけて、しっかりとしたものを選ぶのが、ハーレー乗りには必須です。また、ハーレーが出しているブーツもあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。底を変えたりメンテナンスをしたりすると、長く使うことができます。

バイカーファッションで次に必須なのが、ライダースジャケットです。定番の革のライダースジャケットは、着こむほど味がでてきて、ハーレーにぴったりの風合いになっていきます。
他方で、夏の暑い季節に向けて、熱や紫外線を防ぎながらも、体温を逃してくれる、高機能の服も出ています。また、季節で使い分けたいのがボトムスです。バイクに乗る際の熱に注意して、冬は防寒をしてくれるタイプのもの、夏はバイクからの熱さから守ってくれるタイプのボトムスを選ぶと、快適に乗ることができます。